« 澄んだ光で | トップページ | ポプラの並木 »

2006年5月10日 (水)

滔々たる流れ

生と死と 息つくさまは 水の都市 広々とした ガンジス川に 

ガンジスの滔々たる流れを目の前にして、
薪を積み上げて遺体を焼いている。
隣接した階段には沐浴する人がいる。

« 澄んだ光で | トップページ | ポプラの並木 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118340/52264401

この記事へのトラックバック一覧です: 滔々たる流れ:

« 澄んだ光で | トップページ | ポプラの並木 »