« 六十二枚 | トップページ | 夏がまたやってくる »

2006年4月27日 (木)

薄ぼんやりと

日が暮れて 淡い輝き 夜手前 境界線が 薄ぼんやりと 

頭が重い。
少しの外出が億劫になる。
心の中までぼんやりしてくる。

« 六十二枚 | トップページ | 夏がまたやってくる »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118340/52264387

この記事へのトラックバック一覧です: 薄ぼんやりと:

« 六十二枚 | トップページ | 夏がまたやってくる »