« 大地を潤す | トップページ | 夢の灯火 »

2006年3月24日 (金)

まどろみの

傷ついて もう戻らない まどろみの 言葉の端に 窺える生 

うとうとしていた。
突如光の波が押し寄せる。
いまやすべてが光とともにあった。

« 大地を潤す | トップページ | 夢の灯火 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118340/52264340

この記事へのトラックバック一覧です: まどろみの:

« 大地を潤す | トップページ | 夢の灯火 »